iaf.bmp

福士加代子マラソン転向

福士加代子がマラソン転向へ

出展:ヤフーニュース
http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/
?m=m20070824-002&e=marathon

トラックの女王:福士加代子がついに42・195キロに挑戦。
陸上・女子長距離の福士加代子がマラソンで2008年北京五輪出場を
目指すことが明らかに。
8/25日開幕の世界陸上大阪大会後に
永山忠幸監督と話し合って最終的な決断を下す方針。
準備期間は短いが来年1月の大阪国際マラソンで五輪切符を狙うことに。

ワコールの永山監督は「トラックにこだわるのか距離を延ばすのか。
大会後に福士と話をする」とコメント。
世界陸上大阪大会で福士は5000m、10000mに出場。
2008年北京五輪のA標準を突破して入賞すれば五輪代表に決まる。
永山監督は「(代表に)内定してもお断りするかもしれませんし」と


日本選手権4年連続2冠の福士加代子
過去に3度出場した世界大会では。
2005年ヘルシンキ世界選手権10000mの11位が最高。
日本人選手にとってはトラック競技よりもマラソンの方がメダルに近いというのが現実。
これまで「ハーフでも長い」「1人で42kmは無理」と
口にしていた福士がマラソン転向に傾いた背景にはこうした事情もある。

福士加代子が転向すれば女子マラソンの勢力図が一変することに。
昨年2月の丸亀ハーフ。
1時間7分26秒の驚異的な日本新記録。
アテネ五輪金メダル・野口みずきに完勝。
長距離でも抜群の適性を見せた。
復活を狙うシドニー五輪金メダルの高橋尚子。
日本歴代2位の記録を誇る渋井陽子らとの出場枠争いが展開されること必至。


ファンに一人として熱烈に応援したい。



この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。