iaf.bmp

スゴイよ 福士加代子

福士 加代子
(ふくし かよこ、1982年3月25日 )

青森県北津軽郡出身の陸上競技の女子アスリート。
・3000mと5000mの日本記録保持者
・ハーフマラソンのアジア記録保持者
・15kmの世界記録保持者

これだけでどんだけ福士加代子がスゴイかがわかる。

通称「みちのくの爆走娘」。
まさにそんな感じ。
青森県立五所川原工業高等学校機械科を卒業。
2000年にワコール入社。

身長:161cm
体重:45kg
血液型:A型

huku.bmp

高校時代まではこれといった実績は無し。
インターハイや国体で決勝に辛うじて残る程度の選手。
ワコールに入社してからトラックレースや駅伝などで
メキメキと頭角を現し始める。
2002年6月の日本選手権。
5000mと10000mで共に初優勝。
2種目制覇を成し遂げる。

同年10月の釜山アジア大会。
5000mと10000mともに銀メダル。
(両種目とも金メダルは中国の孫英傑)
しかし10000mで自己ベストを一気に50秒縮め(どんだけ縮めるんや)、
日本女子2人目となる31分突破となる。
5000mでも自身が持つ日本記録を0秒02更新し
この時のインタビューで次のようにコメント。
「(記録更新は)大きいですよー。

乳首3つ分くらいですかねえ



速報では0秒03の更新と伝えられたが、インタビューで100分の3秒を
福士加代子なりに具体的に表現した名言といえる。
(迷言かな(笑))

最大のライバルと言える渋井とは非常の仲が良い。
2人でお互いふざけ合う光景をTVでたまに目にする事がある。

同年12月の全日本実業団対抗女子駅伝大会。
福士加代子は3区10Kmの区間で快走。
次の中継所に間もなく到着する終盤。
すぐ後ろを走っていた羽鳥智子(第一生命)と足が絡まって転倒。
左膝を強打。
されど足をひきずりながら走り続け、そんな状態ながらも区間賞を獲得。
しかし膝の靱帯を切る大けがに。

翌2003年2月 福士の故郷で行われた青森アジア冬季競技大会。
膝のけがをおして最終聖火ランナーを務める。
約半年間はけがの治療に専念し、同年6月 日本選手権。
女子10000mで終盤スパートして独走、見事復活の優勝を果たす。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52360061

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。