iaf.bmp

残り「2」枠

残り「2」枠で代表争い激化!?

土佐礼子の激走で、2008年北京五輪女子マラソン代表枠は残り「2」に。
世界選手権終了時点で1枠が埋まったということは。
今後の選考レースでの代表争いが激化することを意味するわけです。
11月18日の東京国際、来年1月27日の大阪国際、
3月9日の名古屋国際で有力選手が狭き門に挑戦します。

2004年アテネ五輪金メダリストの野口みずき。
既に東京国際への出場を表明。
現在はスイス・サンモリッツで高地合宿中。
土佐礼子の同僚・渋井陽子も同じく東京国際に出場。
まだ出場レースを決めていない00年シドニー五輪覇者の高橋尚子
も参戦すれば、自己ベスト2時間19分台のランナーが3人集結することに。
超ハイレベルのレースが展開されることになりそう。

世界選手権で5000m 14位、10000m 10位と
目標の入賞に届かなかったトラックの女王・福士加代子
マラソン転向を視野に入れている。
準備期間、タイムの出やすいコースを考えるならば、
デビューは大阪国際が有力かも。
名古屋国際には小出義雄監督の愛弟子・新谷仁美が出場予定。
世界選手権で北京切符に届かなかった日本人選手は、
疲労度を考えて名古屋を選択する可能性が高い。

驚異の粘りで土佐が銅 世界陸上

大阪世界陸上最終日 女子マラソン
(9/2日・長居陸上競技場発着 42.195km) 

土佐礼子が驚異の粘りを見せ、日本勢に今大会初のメダルをもたらした。
終始集団をリードする積極的なレースを見せた土佐礼子
勝負所の38km過ぎで5位に落ちるも、
驚異的な粘りで40km過ぎまでに朱暁琳(中国)ら2選手を抜き
3位に浮上。
そのまま2時間30分55秒でゴール、銅メダルを獲得した。
土佐のメダルは2001年エドモントン大会で銀メダルを獲得して以来
3大会ぶりとなる。
日本人最上位でメダルを獲得し来年の北京五輪に内定を獲得した。

38km過ぎでスパートしたキャサリン・ヌデレバ(ケニア)が
2時間30分37秒で2大会ぶり2度目の優勝。
周春秀(中国)が2時間30分45秒で銀メダル。

土佐礼子曰く、「気力だけだった。
離されてもゴールまで辛抱していれば何があるか分からないと
思っていた。(7月末に痛めた左ひざは)前半痛んでいたけれど、
後半はそれどころではなかった」とコメント。

北京でもその粘り強さでメダルを獲得してほしい。

女子5000m 福士加代子14位

世界陸上第8日。
女子5000m決勝(9/1日、長居陸上競技場)。
前回ヘルシンキ大会に続いて2度目の決勝進出を果たした
福士加代子
結果は15分19秒40で14位に終わった。
アテネ五輪王者で世界記録保持者のメセレト・デファー
(エチオピア)が、14分57秒91で金メダルを獲得。


福士加代子はスタート直後から3000m手前まで
先頭でレースを引っ張った。
積極的な走りを見せた福士加代子だが、
その後失速し14位となった。

福士加代子は2003年パリ大会では予選落ち、前回は12位。

「今までにないくらい軽かったのでスタートから攻めました。
結果は残念ですが、自分としては爽快感があったので
許してください」

福士加代子のコメント。

女子マラソン(世界陸上) 土佐に期待!

世界陸上。
不振が続く日本勢。
頼みの綱となった女子マラソン
メダルの期待がかかるアテネ五輪代表・土佐礼子が8/30日に大阪入り。
猛暑ですからね、スピードを捨てて粘りで“根性勝負”しますと予告。

1か月前に松葉づえ姿で帰国した時とは目の輝きが違っている。
手応えを表情ににじませながら大阪にやって来たというところか。
痛みはありません。大丈夫です」。
7月の中国・昆明合宿で転倒。
一時は出場が危ぶまれた左ひざ打撲も問題ないです、と強調する。

8/26日までの最終の合宿ではスピードを付ける練習ができなかったが
「暑いからスピードはいらない。粘り? それしかないです」と。
もともとスピードより粘りと根性で勝負するタイプ。
持ち味を生かした戦いになりそう。

日本勢総崩れの中“最後のとりで”の期待がかかる。
そのことにふれると、「それどころじゃないですよ。
救世主になれたらいいけど。。」とプレッシャーをはねのける。
後輩お手製のキャラクターお守りをユニホームに付ける土佐礼子
愛と根性でメダルを目指す。

がんばれ〜!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。